アジアの尾根遺産【マレーシア分室】

東南アジアを中心に夜遊び関連記事を書いてきましたブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、マレーシア関連記事だけを移転させました。

2019/5/18本☆SPAはたった4軒に(哀)

令和移行の10連休、おなじみmonkey様はクアラルンプールに。現地の最新状況をレポートしてくださいました。


10連休にマレーシアに行って参りましたので、少しですがアップデート情報をご報告したいと思います。

◎本☆SPA

スカイリバー(Sky River、天河)はHokkaido(北海道)に名前が変わっていました。

但し、値段は変わらずでベトナムやタイ、ラオス産がR248でした。


たぶん中華産はR100増しだと思います(今回は確認しませんでした)。


ちなみに、従業員に聞いたところ、今稼動しているSPAは、Fuji、Genesis、Bondと合わせて4か所のみとのことです。

DSC_1224
 

◎タイ・クラブ

エントリーがRM50でワンドリンク付き。

休前日という事で結構賑わっていました。

以前と同様やはりほとんどがベトナム産です。


前と違うのは、嬢に必ず「ドリンクをおごって」と言われたこと。

嬢にRM50払うことになります。


何人かおごる前に話しましたが、その中で自称「ヨガで鍛えている」カンボジア産にドリンクをおごってお餅しました。


言い値はRM800でしたが、ショートでRM500までしか落ちませんでした。

嬢曰く「ここの最低限はRM500」とのことでした。


すごい体がやわらかくて天然の大きな胸、締りもよくて当たりでした。

◎ビーチ・クラブ

エントリーはRM50でワンドリンク付きは同じ。

祝日の夜(5/1)という事で若干少なかったです。


ここもほとんどがベトナム産でしたが、偶然話しかけたセクシードレスの嬢が珍しいインドネシア産だったので、30分ほど話した後にお餅しました。


こちらはおごりの話は無かったです。

ただ、値段はRM600と少し高めでした。

 

◎悪徳警官は今も?

以前のトラウマが有り、ホテルまで10分でしたが歩いて帰りました。

途中で検問を行っているパトカーがいたので、もしかしたらまた同じ目にあったかもしれません。


今回は、前から来た車がクラクションで合図してくれたので、ピンっときて嬢と少し離れて歩きました。

おかげで見とがめられることもなかったです。(タクシーで捕まったら問答無用だったかも)

 

ホテルについたら「こどもいるけど良い?」と聞いてきましたが、経産婦でもあまり気にしないのですが、先に聞いていたら値切れたのに、というのは考えました。


前日のカンボジア産と比べるとやはりいろいろ油断が有りましたが、まぁまぁ楽しめました。


リンギット安は継続中でR1=28円ぐらいです。

SPAであれば他の国と同じくらいか少し安目ですが、バーは高くなってきたのでうまみが減ったと思います。


それでも昨今のタイの値上がりがひどいので、個人的には再訪もありだと考えています。


拙いご報告ですが、取り急ぎ。

 

◎管理人から

そうですかぁ、クアラルンプールの本☆SPAはもはや4ケ所だけになってしまいましたか。


黄金城もグリーンエレファントも、郊外で私が開拓した穴場SPAも、みなクローズしたのですね。(涙


クアラルンプール闇の帝王一族に仕えていた、件のご老人から方向性は聞いていたものの、実際にそうなると寂寥感を禁じ得ません。


実はあのご老人が突然、消息を絶ってしまったことも、私がアジアナイトウォーカー引退を考える大きな契機でした。

 

それからクアラルンプールにも悪徳警官がいたという注意喚起レポート、ご記憶の方も多いかと存じますが、あれはmonkey様のご報告でした。

どうやらまだ、暗躍しているようですね。


≪管理人より≫

このアーカイブ・ブログの記事は今回が最後となります。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

2018/7/18ペナン島には道待娘もいる

前回に続き、だるまわんさ様からお寄せ頂きましたペナン島の夜遊び情報です。


私の大好物(笑)である道待娘が、ペナン島にも多数、出没しているそうです。MAP画像も頂戴しております。


オマケとして、アジアナイトウォーカー様の大好きな道待娘の情報です。娘・・・というのにはかなり無理があるのですが、かなり沢山の立ち☆ぼが以下の赤枠のあたりに立っています。

streetgirl

◎その場所は

ジョージタウンのCititelからCampbell通りまでの間は、主に夜10時~朝6時ぐらいの暗い間だけ道待娘がいますが、どれも暗がりでよく見えない上に、どうもガタイが良いのがいるのでLBではないかと…怖くて確かめる気になりませんでした。


Campbell通りには早朝、40代近い中華系の道待熟女?がおり、朝7時に日が昇った頃に再度通ったら、もう姿形も見えませんでした。

streetgirl2

◎インド系も

そして、KOMTARの周辺のショップハウス群では、まだ日も高いうちからインド系の男たちが沢山たむろしている奇妙な一角があり、その周辺にはインド系の方が大好きな巨体の尾根遺産が立っておりましたので、これは間違いなく道待娘だなと認識した次第です。

もちろん、見るだけはタダですがお勧めは致しません。

 

◎管理人から

だるまわんさ様、ご丁寧なMAPまでありがとうございます。


インド系男性がたむろっている・・・シンガポールのゲイランと同様ですね。あの雰囲気はホント、一種独特ですよね。

あの中に割り込んでいくのは、相当な勇気が要るように思います。

2018/7/14ペナン島の風俗最新事情。トルコ尾根遺産も和娘も

マレーシア/ペナン島の風俗に関しては昨年春、磯仁様やだるまわんさ様から立て続けにレポートを頂戴しました。


その記事のひとつで紹介しました、ロシア系のいるアパート置屋オーロラコートは摘発されてしまったそうです。ブログでは一部伏字にして、公安に配慮したのですが・・・


今回はだるまわんさ様から頂戴しました、ペナン島夜遊びの最新事情です。
画像もすべてだるまわんさ様から頂戴いたしました。

peking

◎健身中心

相変わらず健在ですが、確認できたのはJalang PenangにあるPeking HotelやSOHOの隣にある台湾健身中心のみでした。


写真をコッソリと撮影してきましたが、まあなんといいますか、姫のレベルはアラサー以上という感じです。

peking2


客層は若者は少なく、どちらかというとローカルのお爺さんが多かったです。

また価格は以前より上がり160RMになっていましたので、コストに見合わないと対戦はしてまいりませんでした。

 

◎新たなマンション置屋

それ以外はないものか、と歩いていたら、ちょうど某ホテルの前でマレー系の親父に声をかけられました。

聞いてみるとマンション置屋だそうで、値段はその場で言わないもののストックは豊富でロシア、トルコ、ローカルマレー、チャイニーズ、タイ、ベトナムだとの事。


この日はその親父に乗っかってみて、場所だけ検証してみようと案内をしてもらいました。

タクシーに乗って着いたのはMansion ☆☆という、短期・長期滞在可能なアパートメントでした。

mansion2


エントランスホールから先のエレベータホールの前にセキュリティが居ますが、当然分かっているようで普通に入れます。

エレベータに乗るのに鍵は必要ありません。


歯無しのマレー人おっさんに連れられて、どうやらSMSでボスから指定された部屋に向かっているようです。いくつかのフロアに分散しているので、ぐるぐる回るにはやや面倒ですね。


各部屋をノックしてドアをあけてもらうと、各部屋ごとに滞在しているなかなか美形のロシア人やトルコ人のお嬢さんが出てきます。

ロシア人でも、以前のオーロラコートのような年増や不細工ではありません。

 

◎ポン引きはボッタクリ

ここで値段を聞くと、なんと650RMというではありませんか。ローカルマレーならば550RMと…ありえない!


これは案内料込だとしても非常に高い!そんなわけで、コーヒーを奢って色々と話を聞かせてもらい、情報料がわりに20RM渡してサヨナラ致しました。


案内人と別れて帰りのタクシーの中、運転手のオッサンに話を聞くと、なんとマンション置屋は複数あり、そのボスは1人だというではありませんか。


しかもダイレクトでボスにコンタクトをすれば、タイ人なら170RM、中国人なら200から250、ロシア人でも350だと言うではありませんか。

やっぱりあの野郎、相当ぼったくってやがったな~!

 

◎再トライ

心優しい運転手のオッサンからボスの携帯番号を教えてもらったので、ホテルに戻った後で早速Whatsappでコンタクトを試みました。


女の子たちのリストとプライスを教えてくれと英語でメッセージしたところ、「このURLを見てくれ」と一言が…

ページを見てみると、確かに先ほど見た女の子たちが掲載されていました。


「これは間違いない!」と早速、ローカルマレーと書いてある、VIPクラス巨乳のH***Yちゃん、250RMと遊びたいとメッセージ。

mansion6


すると、Mansion ☆☆に来いとのメッセージが帰ってきましたので、これは確実だなと思いましてGrabを使って置屋マンションへ。


着いたとメッセージすると部屋番号が返信されてきましたので、慌てて部屋へ向かいます。


ドアをノックすると、流暢な英語を話すH***Yちゃんが。見た目はなかなか、年齢も自称ですが23歳(おそらく実際は25,6歳?)


そして間違いなく巨乳、いや、爆乳です…ゴクリ。

mansion3


プレイ部屋はかなり広く清潔。キッチンや洗濯乾燥機も完備されていて、普通にペナンで宿泊するのにも便利そうです。


脱いでシャワーに向かう前に、コッソリ写真を撮ろうとしたらめっちゃ怒られました・・・

penan-lady

◎プレイは

愛くるしい顔に似合わぬ素晴らしい爆乳に息子さんはビンビン。

広めのシャワーブース内で尾根遺産は笑いながら、しっかりと爆乳を使って愚息を洗ってくれました。一体どこで覚えたんや?そんなサービス!


さて、肝心なプレイですが、ベッドに移ってからは フレンチではないですが軽いキス 、BBBJ(ゴム無しフ☆ラ)、巨乳を使ったパイズリ、そしてゴムを装着して合体と相成りますが、爆乳を堪能したかったので騎乗位にてお願いしました。


ゆっくりと挿入すると穴は狭く熱く、うねるようなグラインドに、垂れていない弾力のあるスベスベ爆乳を揉みしだきながら、下からも高速突き上げで応戦!


しかしあまりの具合の良さにあっという間に果ててしまいました…しっかり愚息の処理を先にしてくださってから再度シャワー。


時計を見たら部屋にはいってからものの20分ほどでした…実質対戦時間は10分くらいでしょうか?

45分間の時間があるとの事ですが、2回戦をするには有償で、同じ金額を払って欲しいと言われて断念。仕方なく色々と話をさせて頂きました。

mansion5

◎尾根遺産の素性

英語ではなくこちらからインドネシア語で話し始めたら、なんと彼女はローカルマレーではなくインドネシア人だと言うではないですか。


やはりそうだよなあ~と思いながらも話を進めると、彼女はスマトラ出身で双子のお母さん。既にペナンには2年くらい居るそうです。年齢は秘密だと笑いながら言われました。


後日の再会を約束してチップを20RM上げたところ、喜んで写真撮らせてくれるようになりました!

以上、コスト的には微妙なのですが、品揃えはなかなか悪くない、ペナンのマンション置屋のご報告でした。

 

◎管理人から

いやぁ~、だるまわんさ様には珍しく、熱の込められたプレイ描写でしたね。それだけ満足度が高かったものと推察いたします。実質10分間ですしね(笑


貴重な情報と画像をありがとうございました。

レベルも高くて、国籍のバリエーションも豊富。私なら初挑戦のトルコ尾根遺産を選びたいところです。


執筆時点で当該URLを見たら、日本娘や韓国アガシもラインアップにありましたよ。

でも顔は隠されていますから、ポン引きに案内させて各部屋をひと通りチェックするのもいいかもしれません。香港の141みたいに。


なおマンションの実名やサイトURLは、だるまわんさ様のご了解も頂きまして、旧ブログ「アジアの尾根遺産」の有料記事としました。


オーロラコートの二の舞にならぬよう、マンション外観画像もここでは割愛し、場所の特定につながりそうな描写も頂戴したレポートから修正をかけました。
諸事情ご理解ください。

最新コメント
  • ライブドアブログ